小峠英二の昔は?若い頃は髪の毛がある?

独特な切り口、表現のツッコミで人気のお笑いコンビ、バイキング小峠英二さん

今やつるっぱげの見た目もあり、色々な番組でいじられてますが、昔はどうだったんでしょうか?

編集長
 今日はそんな小峠英二さんの昔にフォーカスして行きます

小峠英二の若い頃の昔話がスゴイ

まず、小峠英二さんですが、若干年齢不詳感もありますよね笑

プロフィールからいってみましょうか。

名前 小峠 英二 (ことうげ えいじ)

生年月日 1976年6月6日

出身地 福岡県田川郡大任町

血液型 O型

身長 170cm

スポンサードリンク

所属事務所 SMA NEET Project

2018年現在で42歳のおっさんということで、年相応ですね笑

小峠さんは中学生時代はパンクバンドを結成しており

ギターボーカルを担当していたそうです!

編集長
 これは意外だな。今は頭がパンクになっちゃったけどね笑

大分の自動車教習所の合宿で知り合った西村瑞樹とNSCの面接で再開したことをきっかけに1996年にコンビを結成

なかなか運命めいた相方とのコンビ結成秘話ですね。

ちなみにデビュー後も長らく二人は不遇の時代を過ごし、東京吉本を解雇されるなどの憂き目にも遭いました。

 そのためどちらもNSC出身者であるにも関わらず、吉本に所属していない珍しいコンビになりました。

小峠さんも何度も芸人を引退することを考えましたが、2012年の「キングオブコント」の決勝進出でようやくスポットライトが当たります。 

その後は多くのバラエティー番組に出演する人気者となり、今や単独でもテレビ番組に引っ張りだこ。

見かけない日がないなどのご活躍です。

さて、さらに昔はどうだったんでしょうか?

ネットを調べていくと高校時代はヤンキーだったのではないかという噂がありますが、実際のところヤンキーだった証拠は見つかりませんでした。

小峠さんがアメ車が好きだったり、相方の西村さんとの出会いが自動車学校だったという事に尾ひれがついて足まで生えて高校時代はヤンキーだったのではと噂が飛び交っただけのようですね。

編集長
 芸能人の噂なんてそんなもんですよね。

高校を2回留年した

ちなみに高校は福岡市立東鷹高等学校出身です。

東鷹高等学校には普通科と総合生活科の二つの学科があるそうで、偏差値は45。

高校時代は留年を経験しているようです。理由は、「本気で芸人を目指して1年間休学していたから」結局夢は果たせずに、復学したようですがすごい根性です。

高校2年留年した小峠さんは同じくトリプった(2回留年した)女性に恋に落ちてお付き合いをしたそうです!!

周りからダブルトリプルで「フィフィス」つまり2年感と3年間で2人合わせたら5年ということで「フィフィス」ってあだ名をつけられたそうです!

2回留年ってそれもヤンキーだったって言われる理由なんじゃ・・・

ちなみに、小峠さん自身は芸人になりたい気持ちがかなり強くなり、学校をやめる勢いだったようですが担任の先生に退学ではなく休学にしておけと諭されて1年間の休学に至ったそうですよ。

スポンサードリンク

ですが、大阪のお笑い芸人養成所の試験に落ちてしまい、その結果高校を留年してしまったのです。

留年エピソードが面白すぎる

そんな小峠さんですが、まず、同級生が卒業する日にはあれ?なんで今日卒業しないの?」と死ぬほどいじられたそうです。

絶好のネタですし、むしろいじられないほうがさみしい感じもしますけどね(笑)

持ち前の明るさと面白さにより一学年下の同級生たちと打ち解けることが出来たそうで。

自分の卒業式の日に打ち上げで「海で制服を燃やそう」と提案すると周囲はドン引きをしたとのこと当然といえば当然ですよね。

結果自分だけ制服を燃やす事に・・・笑

燃やしたのには理由があり、小峠英二は中学校を卒業するときにも上靴を燃やしたそうで、なにかを燃やさないと卒業した気にならないそうです。

編集長
 なんて日だ!!って言ったのかな笑

若い頃は髪があったのか?

当然今ではスキンヘッドの小峠さんも若い頃は髪があったそうです。

ちなみにトレンディエンジェルの斎藤さんと年が近いんですよね。全然関係ないんですけどハゲキャラで思い出してしまいました。

こちらが若い頃の写真。みた感じ直毛なのでしょうか?ハゲやすいって話は聞きます。

実際スキンヘッドにしている原因は金属アレルギーによるものだというのがご本人が証言しています。
それが原因で脱毛症になったんだと思われます。

編集長
 金属アレルギーで脱毛症だったんですね。

髪の毛にちてのエピソード

小峠さんはご自分の頭皮についてこんな取材を受けていらっしゃったのでご紹介します。

――いつから頭部が寂しくなってきたのか

24歳頃から日に日に髪が薄くなってきて、30歳で頭の4割くらいがハゲてしまったんですよ。おやじも兄も親せきも、みーんな薄いから、これはもう遺伝ですね。

――当初から薄毛もハゲも気にならなかった?

そりゃその頃は、めちゃめちゃ気にしてましたよ。朝と晩に10分ずつ、育毛剤を髪に振る「育毛タイム」を設けて、必死に髪を生やそうとしていました。それを6年間続けたけど、手応えはなかった。だから「もうやってもムダだ」って思ったんです。

――そのころの心境を具体的に教えてほしい

僕、ブレークしたのが36歳なんです。それまで芽が出ずに、結構しんどい時期が長かった。お笑いのライブに来るお客さんは女性が多いし、やっぱり見た目が分かりやすくカッコ良い方が人気が出やすい。だから薄毛の芸人仲間と、「ハゲって本気できついな」って、真剣に話していました。

――ネタのようにも聞こえてしまうが……。

これ、ものすごい真剣な会話ですよ! 薄毛仲間と「もし今、髪の毛がみるみる生えてくる薬が手に入るなら、いくらまで出すか」って話になったことがあります。その時、アルバイトで生計を立てていた僕の収入は、月10万円。その金額をもとに、考えに考えて出したリアルな金額が、300万円でした。当時の僕の収入にしたら、約3年分。
これで髪が生えたら仕事が増える、そうすれば300万円も返せるって思った。
当時同じくらいの収入だった薄毛仲間は、900万円出すって言ってました。それくらい、本気で悩んでいた時期がありました。

編集長
 自信を攻めのハゲだと自負し、吹っ切れてるようで素晴らしいメンタルですね。
モテるわけです。

参考までに「髪の毛があったらかっこいいと思う男性タレント」の1位に選ばれたのが、212票を獲得した俳優の高橋克実、続いて2位が108票の東国原英夫、その他、ブラマヨ小杉竜一、バイきんぐ小峠英二という回答もあった。

これからも切り口鋭いツッコミでお茶の間を賑わしてもらいましょう!なんて日だ!!

スポンサードリンク