オカダカズチカの彼女は泰葉?女子アナと結婚?レインメーカーの威力ってどれくらい?

金の雨を降らせる男””レインメーカー”!
この言葉だけでこの姿が思い浮かぶ方はプロレスを知っている方でしょう。

見よ、この雄姿!まるでリングの中に降り立った一匹のライオンが咆哮をあげるが如く、野生と王者の風格を持ち合わせる”プロレス40年の中ではじめての本物”! そう、この漢がオカダカズチカだぁ!!(プロレス実況風に)

この名を知っている人に細かい彼のプロフィールは不要でしょう。オカダカズチカさん、新日本プロレス所属で日本プロレス界の中でももっとも人を呼べるプロレスラーの一人です。

プロレス好きの女子「プ女子」たちのハートを鷲掴みする甘いマスクに、信じられないほどの高い身体能力と、191cmという恵まれた体躯から繰り出される技の数々。そして、文字通り新日本プロレスに”金の雨を降らせる”プロレスラーのオカダカズチカさん。

そんなイケメンで人気の高いオカダカズチカさんの元カノの話や結婚話、さらに彼のニックネームであり、代表する必殺技「レインメーカー」の威力や、彼の身体能力を表す技の数々について今日はお話ししたいと思います!

オカダカズチカの彼女は泰葉?

人気者の宿命として、やはり彼女がいるのか?というところは皆さん気にするようで、【オカダカズチカ】を検索すると【オカダカズチカ 彼女 泰葉】という言葉が並びます。え? 泰葉?……ってあの?(;’∀’)

泰葉さんはかつてブログで、前夫で落語家の春風亭小朝さん(62)を「金髪豚野郎」と形容し、罵っていた。

あの泰葉さんですかね?新日本プロレスを代表するレスラーの、しかも若いオカダカズチカさんがいくらなんでも……あの泰葉さんとお付き合いされているとは考えにくいですよね。

なので、どういうことなのか、調べてみました。

スポンサードリンク

2008年大晦日に有明コロシアムで行われるハッスル・マニア2008の電撃会見を行い、プロレスのリングに於いてフランク・シナトラが360度観客に囲まれて歌を歌ったように、プロレスのリングで歌を歌う「ファイティング・オペラハッスル」として参戦することを公言した。しかしそこに、ハッスルの支配者高田総統が現れ、歌を歌いたければリング上で戦い勝つことを条件として課せられ、強制的にプロレスラーとなってしまった。

ということで、半強制的にプロレスラーの肩書も得てしまった泰葉さんが台湾での巡業の際に、たまたま同じく巡業で来ていたオカダカズチカさんと会ったというウワサが出てきました。

ただ、これってすごくおかしいんですよね。

確かに、プロレスラーの肩書を得たのは間違いないのですが、海外巡業ってハッスル自体がやってないみたいなんです。ネットの記事では、海外巡業自体は事実、みたいに書かれてますが、ここ自体がすでにガセネタです。

なので、この泰葉さんじゃないですね。安心しました(笑)。

マネージャーとしてSBYの店頭に立たせて頂いてきましたが、昨日をもって卒業となりました。 そして本日より本社の新部署にて勤務させて頂きます。 渋谷に寄ったからと会いに来てくれた友達、お客様、なにより今まで一緒に働いてきたみんなどうもありがとう♡

そしてこちらが、もうお一人ウワサの「やすは」さんです。この美人ギャルさんは「いとうやすは」さんという方で渋谷109のショップ「SBY」のマネージャーからショップの本社の新部署立ち上げに携わっちゃうような、スーパーギャル(?)さんです。

ただ、つながりらしいのが、彼女のアカウントと思われる、Youtubeのお気に入り登録の中に新日本プロレスがフォローされているくらいしか見つからず、彼女でした!といえるようなものは出てこなかったですね。

彼女だった可能性はゼロじゃないですが。確立としては低めでしょうか……。

他にも森葉子という名前も・・・

こちらの美人さん、見たことあるぞって方も多いかもしれません。そうです。テレビ朝日のアナウンサーの森葉子アナです。森アナとの関係は完全に元恋人同士ですね。これはふたりとも認めているところです。

報道によるとオカダさんと森アナの出会いは2012年8月。

オカダさんが優勝したG1クライマックスの祝勝会がテレ朝の企画で行われ、そこに森アナも参加したことがきっかけだとか。

翌年から本格的な交際をスタートさせたが、お互いに多忙な生活からすれ違いが続いたことから、一度は破局した時期もあったというが、16年ごろから復縁している。

しかし、これまでオカダさんには彼女はいないだろうと言われていました。

というのもオカダさんは2013年の新日プロとの契約更新で、会長と「結婚禁止令」という「裏条約」を結んでいたから。

20代の若いスター選手が結婚することで女性人気が低下することを団体側は恐れたようですね。

当時は本人も「今はプロレスに専念」と納得し、「結婚願望は特にない」と語っていました。

実際2012年に帰国直後は彼女なしの生活でストイックな一面を見せていたようです。

オカダカズチカは女子アナと結婚した?

お二人の距離が近づいたのはG1クライマックスという新日本プロレス内の最大のリーグ戦の祝勝会のときだったようで、そこから交際がスタートします。その後、結婚禁止令が解かれた後に熱愛が発覚。

2人の熱愛報道が出たのは2017年1月でした。

それまで熱愛の報道がなかった森葉子との熱愛発覚に

2人は結婚寸前とまで報じられたのです。

オカダカズチカさんと森葉子アナは2013年頃

から交際しており一度は破局報道もでましたが

2016年に復縁していたようです。

しかし、2017年6月に「二人でよく話し合った結果」別れることになったそうです。

別れた直後くらいの雑誌のコーナーで森アナが飼っている飼い犬ニーチェとクリスについて

「私が落ち込んでいると、ニーチェとクリスが交互に来て、一生懸命慰めてくれるんです。」

と語っていました。きっと別れた時も慰めてくれたんでしょうね(´;ω;`)

ということで、女子アナの森葉子さんと結婚はしていません。一度は、

「相手のこともありますので、きちんと僕の口から発表できるときが来たら言わせてもらいます」とコメント

とオカダカズチカさんからも言われていたので、結婚間近まで言っていたことは確かなようですが、残念です。

オカダカズチカさんの現在の彼女

別れがあれば、出会いもあります。なんと、森葉子さんと別れたオカダカズチカさんに、新しい彼女ができているんです!

またまた美人な方ですね!お名前は「三森すずこ」さん。名前と写真だけでわかる方はおそらく声優好きですね(笑)。

アイドル志向の強い最近の声優の中でもトップランクに人気のある方で、有名なアニメの吹き替えも担当されているんです。

声優アイドルユニットμ’sとして紅白にも出場されているんですよ!!

三森すずこは新日本プロレスの親会社「ブシロード」が運営する声優事務所「響」に所属する人気声優。交際のきっかけは事務所を通じて仕事の一環で訪れたプロレス観戦。16年には「タイガーマスクW」の高岡春奈役を担当するなど格闘技熱が高まり「趣味はプロレス観戦」というほど、プロレスにのめり込んだ。
オカダとは事務所関連のイベントで共演し、距離が縮まり、交際が始まった。

そう、現在新日本プロレスは「ブシロード」という親会社が運営していて、同じく、ブシロード傘下の「響」という声優事務所に三森さんは加入されています。

”事務所関連のイベント”については、ちょこちょこ、共演があったようですが、ぐっと、距離が近づいたのが……。

新日本プロレスのIWGPヘビー級王者でプロレス界のエース、オカダ・カズチカ(30)の「新恋人」の存在が12日までに本紙の取材で明らかになった。お相手は人気声優の三森すずこ(31)で、2017年8月の「G1クライマックス」後に真剣交際をスタートさせたという。交際していたテレビ朝日の森葉子アナウンサー(31)とは同6月に破局を迎えており、新たな恋の行方とともに公私の充実が期待される。

とのこと。

森葉子さんと付き合い始めた流れとほぼ一緒ですね、G1クライマックスには恋愛の神様でもいるんでしょうか(笑)。

お二人とも将来を考えた真剣交際ということでそれぞれのTwitterでこう発言しています!

「報道でありましたように、お相手の方と将来のことを考えて真剣にお付き合いさせてもらってます。リング上もリング外もしっかり盛り上げていきますので、変わらぬ応援のほど、宜しくお願い致します!」

とオカダカズチカさん。そして同時刻に三森さん。

「この度は私のプライベートな事で皆さんを驚かせてしまい、本当に申し訳ありません。お互いの将来について話し合いながら、真剣にお付き合いをさせていただいております。今後も今までと変わらず真摯にお仕事に取り組んで参ります。お騒がせして本当に申し訳ありませんでした」

と、お互い将来を見据えてのお付き合い宣言をされました。つまりは結婚ですね!同時刻にTwitterの更新って、確実に一緒にいるときに、「これでいいかなあ?」「うん、、良いんじゃない♪」とか言いながら、更新したんでしょうね! なんだか、急に羨ましくなってきましたぁ!(妬み)

スポンサードリンク

これは2018年中にも結婚、なんてこともありそうですね! というわけで、現在の彼女は声優の三森すずこさんでした! ぜひ、良い話が聞けたらいいですね!

ところで、結婚となれば、一文無しではできません。もちろん、オカダカズチカさんも三森さんも、それぞれの業界のトップクラスにいる人なので、稼いでないってことはないと思いますが、オカダカズチカさんの年収ってどのくらいのものなんでしょうか?

”金の雨を降らせる男”が金欠ってのもカッコ悪いと思いますしね(笑)。ちなみに一番上の画像で降ってているお金は「レインメーカードル」というニセ札架空の紙幣ですのでご安心を。

あくまでも予想のようですが、新日本プロレスの上位選手の年収は3000万から5000万円ほどなんだそうです。もちろん、オカダカズチカさんは新日本プロレスの稼ぎ頭の一人。5000万円くらいは確実にもらっているでしょう。また、こんな話もあります。

新日本プロレスの木谷高明オーナー(55)が、レスラーの年収1億円実現をぶち上げた。

これは2016年の話ですが、2019年ごろには実現したいとの話なので、それが近づいているとすれば、8000万程度は行っているかもしれませんね。あれだけ体を張っての8000万が安いのかどうかは何とも言えませんが……。

また、オカダカズチカさんの有名な話では、車好きで愛車がフェラーリということ。ただ、自分のカッコよさを引き立てるのでなく、フェラーリに乗り降りする自分を見て、子供たちにかっこいいという夢を見させるために、”ちょっと頑張って買った”んだそうです。

そういうところもオカダカズチカさんの魅力なんでしょうね!
こちらが愛車フェラーリとオカダカズチカさんの全身画像です。

スタイルもいいですねーー!

決め技「レインメーカー」の威力って?

さて、ここまで、オカダカズチカさんの恋愛話をお伝えしてきましたが、今度は彼の魅力である、身体能力や、必殺技についてお伝えしたいと思います!

実はオカダカズチカさんの必殺技「レインメーカー」については威力を疑問視する声がネット上で相次いでいます。
※ニックネームとややこしいので、必殺技のレインメーカーには以後「」を付けます。

オカダカズチカの必殺技「レインメーカー」で3カウントとれる事が納得いきません。
あれは短い距離のラリアットですよね?

オカダの「レインメーカー」の説得力ってどうですか?

新日本プロレスオカダカズチカの必殺技、「レインメーカー」ですが、ただのショートレンジラリアットにしか見えませんが、なぜあんな技が効くんでしょうか?。

某質問サイトで「レインメーカー」を調べると、こういった質問ばかりが出てきます。そもそもオカダカズチカさんの「レインメーカー」とはどんな技なのでしょうか? 写真で解説します。

まずバックから相手の右手を左手で掴みます。(写真では右手も使ってますが)

自らの左腕を大きく引くことで、相手をくるりと回しながら、相手との距離を取ります。

最大限、距離が開いた瞬間に……。

相手を引き寄せつつ、右足を大きく前へ踏み出しながら全体重をかけての、右ラリアット!!

これはすさまじい威力でしょう!!!……とただ、言っただけでは説得力のかけらもないので、少し解説してみたいと思います。

最初の動きのあと、相手をつかんで引っ張ると、互いの腕が伸び切ります。その瞬間に反動が付くので、初速の速い動力が働きます

そこに合わせてオカダカズチカさんも腕を引くので、その初速にさらにスピードが乗ります。

そこにベストタイミングで、オカダさんが右足を踏み込んでのラリアットを打つことで、衝突のエネルギーの方向がマットにすべて向きます

また、左腕をつかんでいるため、相手も足方向(一番下の写真だと画面奥方向)へ威力のエネルギーが逃げれず、ここでも、マット方向へ衝突エネルギーの反動が起こります。
それがすべてプラスされた状態でマットにたたきつけられた選手は、たまったものじゃありません。正直、バックから腕をつかむ理由は見栄えだけだと思いますが(;^_^A

対して、普通のラリアット画像がこちら。

痛そうです。なんたって、食らった選手が空飛んじゃってます。でも、実際はそんなに効いてないはずです。。

もちろん食らった瞬間は痛いにきまってますが、振りぬかれた瞬間に頭は下方向、足は上方向に衝突のエネルギーが逃げているからです。

また、この前の映像がないのでわかりませんが、食らう側の選手がラリアットに合わせて軽くジャンプしていたり、つま先立ちでわざと、アンバランスな状態で受けている場合もあります。こうなれば、衝突のエネルギーは四方八方に逃げ放題。ダメージは多くは残らないでしょう。

だからこそ、プロレスは30分、長ければ一時間近く戦うことができるのです。

この相手の技を受ける側がいかに上手く受けれるかによって、プロレスの面白さが決まるのです!
打つ側、受ける側、両方の精神力、技術力、体力。つまりお互いの心技体が合わさった時、プロレスがプロレスになるのです!!(燃)こんな名言もあるほどです

「肉体(からだ)が強靭(プロレス)、精神(こころ)が強靭、あるいはそれら全てが強靭」

つまり、オカダカズチカさんがここまでの人気を得られているのは、オカダカズチカさんだけが凄いのではなく、新日本プロレスや他団体の選手たちの心技体も優れているからこそなのです

ドロップキックも芸術的

続いて、「レインメーカー」に続き、オカダカズチカさんを代表する技といえば「ドロップキック」です。なにがすごいって、これ見てください。

最もポピュラーなプロレス技とも言える、両脚を揃えて放つ飛び蹴り。
だが驚異的な身体能力と長身を有するオカダが繰り出すドロップキックは、高さ・滞空時間・フォーム全てが規格外であり、
繰り出された瞬間に会場に大歓声が沸き起こる。まさに”ゼニが取れる”ドロップキックなのである。

とても高い打点で、見事一直線に体が伸びたこのフォーム。美しいですね。また、オカダカズチカさんは人気レスラーの一人で多くのカメラマンのシャッターチャンスになりますが、そのカメラマン曰く。

「オカダのドロップキックは絵になる」と絶賛する。「新日本に金の雨を降らせる」と宣言し、自ら「レインメーカー」と名乗ったオカダを最も輝かせるのは至近距離からのラリアットではなく、身近にあった王道の技、ドロップキックである。

それほどに美しいのです。そして、「ドロップキック」を決めた次に行うのがこちら。

ツームストンパイルドライバー」という技。ふつうの「パイルドライバー」よりもより、ダイナミックな動きで繰り出す「パイルドライバー」の一種。

通常の試合では、「ドロップキック」→「ツームストンドライバー」→腕を大きく広げレインメーカーポーズと呼ばれるフィニッシュポーズを決め、「レインメーカー」を見舞い、3カウントをとる流れがお決まりになっています。

続いては空中技「ジャンピング・エルボードロップ

滞空時間と高さがある。この技から相手の背後に周り、レインメーカー・ポーズを決め、「レインメーカー」を繰り出すなど主に布石として使用している。

思わず「たっけぇぇぇ!」と言いたくなるほどのジャンプ力。これを受ける側はたまったもんじゃないですね。

以上、オカダカズチカさんに焦点を当てて、恋愛事情にお金の話、必殺技の解説を行ってきましたがいかがでしょうか?
三森すずこさんとの今後もそうですが、新日本プロレスの筆頭として今後さらなる活躍をしてほしいですね!!

石橋杏奈は痩せた?星野源との熱愛が理由か?身長は?ドラマ一覧

2018.03.29