水谷豊の嫁は逮捕されていた!?2人の嫁さんまとめ

今回取り上げるのは水谷豊さん
過去に2回の結婚歴のある水谷豊さんですが、その2人の嫁が違いすぎると話題です。

今回は水谷豊さんの嫁についてまとめましたのでご覧下さい。

水谷豊の嫁は逮捕されていた?

はい、いきなり物騒なお話が出てきましたね。嫁に逮捕歴とは穏やかではありません。

これは実際の嫁が逮捕されたわけではありません。
どういうことかというとドラマ「相棒」のなかで水谷豊さんが演じた杉下右京の元嫁(2000年6月~2011年10月出演)で、
小料理屋の女将役を長期に演じてきた高樹沙耶さん。

この高樹沙耶さんが現実の世界で薬所持使用(2016年大麻取締法違反(所持)により逮捕をされたということが噂の原因のようです

そして詳しく調べていくと、

水谷豊さんご本人に逮捕歴の噂があることがわかりました。これはどういうことなのでしょうか?

水谷さんといえば逮捕する側のイメージが強いですが、なぜこんな噂がたってしまったのか。
理由の1つが2016年8月2日発行の「東京スポーツ」に大物夫婦XZが覚せい剤で逮捕と報道されてしまったことが原因のようです。嫁は伊藤蘭さんですから、確かに大物夫婦ですよね。

水谷豊の嫁ミッキーマッケンジー (初婚)


水谷豊さんは現在の嫁の他に過去には離婚歴もあり、アメリカ人のミッキーマッケンジーさんと離婚されています。

スポンサードリンク

ミッキーマッケンジーさんはこちらの左の女性。水谷豊さんの初婚は1982年だったそうです。
当時は30歳の水谷さんですが、熱中時代でブレイク中で、人気絶頂だったようです。
さぞかしモテたでしょう 。そんな人気絶頂の中で、結婚されました。

この時の嫁のミッキーマッケンジーさんとは、熱中時代での共演がきっかけで仲良くなり結婚に至ったようです。
ミッキーさんも洋人形のような顔立ちですね。

幸せいっぱいそうですが夫婦生活もそう長くは続かずに、なんと、わずか4年で離婚してしまったそうです。
離婚の直接的な原因は「性格の不一致」だったそうです。
一体結婚前にどれくらい付き合っていたのかはわかりませんが、生まれた国も違いますので根本的な価値観も違うでしょうから仕方ない部分もあるのでしょうか。

なんと結婚からわずか半年で別居状態になってしまったそうです。
この時水谷さんは東京、嫁のミッキーさんはロサンゼルスにいたので別居っていうか・・・
国違うやんけ!!!遠距離別居じゃ離婚への片道切符ですね。(うまい)←うまくない

ミッキーさんは1999年に”愛 今も私は「熱中時代」”という本を出版していますが、それのあらすじからは流産という悲しい経験があったことも語られているようです。

ミッキーさんこの後、再婚し、アメリカ人のプロゴルファーと幸せに暮らしているそうです。

プロゴルファーの米国人男性と結婚。近況について、教会で知り合った友人が語る。

「ゴルフの仕事のかたわら、マッケンジーさんはご主人と宣教活動をされていました。その当時、お二人は双子の小さなお子さんと養子縁組みされました。子どもはまだ小さかったので、子育ての環境を考えると母国アメリカのほうが育てやすいということもあり、数年前にアメリカへ帰国されたと思います。現在も子育てをしながら現地でキリスト教関係の仕事をされているはずですよ」

水谷豊の嫁さん(2人目の嫁伊藤蘭)

その後水谷さんは1989年に再婚します。お相手はあの「キャンディーズ」の伊藤蘭さん。
あ、南海じゃない方のキャンディーズですよ。元祖の方です

若い頃の伊藤蘭さんはとっても美人です。
あ、いや、今も美人ですけど、、、、。。。。コホン。

ほら、お綺麗でしょ。キャンディーズといえば1970年代にあのピンク・レディーと共に一世風靡したスーパーアイドル。
今でいうAKB的なポジションです。

解散コンサートでは「普通の女の子に戻りたい」という名言を残しました。その後、1980年に映画『ヒポクラテスたち』で女優にて芸能界復帰。
キャンディーズの他メンバーとは解散後も親交を持ち、2014年に田中好子さんが亡くなった際には藤村美樹さんとともに最期を看取り、葬儀ではともに弔辞を読みました。

普通の女の子に戻りたいって聞いたことあるでしょ!有名なセリフですよね。二人の馴れ初めは水谷さんが23歳の時で、雑誌の仕事で初対面をしたそうです。

最初に蘭さんに会ったのは僕が23歳のとき。週刊誌の表紙の撮影で一緒になったんです。僕、雑誌の表紙って恥ずかしくてできなくて、ずっと遠慮してたんです。「どなたか好きな人と一緒に」と言われても、「いや、会いたい人いないからいいです」。そしたら編集の人が「キャンディーズはどうですか?」。「え? キャンディーズに会えるんですか? じゃあやります」(笑)胸ときめかせて行ったんですよ。質問もいろいろ考えて。でもいざ会うと質問なんかできないですよ。どんどん時間が過ぎていって。で、写真を撮り終わるころに言った一言が「忙しいんですか?」(笑)。そしたら隣にいたスーちゃんが「ええ」って答えてくれて、それで会話が終わっちゃった。

ファンだった相手と結婚するってたまに聞きますけど芸能人ならではというか、羨ましいというか・・・・。ただこの時は1975年くらいで、その後、前述のミッキーマッケンジーさんと結婚→離婚となりますので実際に交際に発展するのは1980年以降のお話です。

1980年に伊藤蘭さんは女優として復帰し、以降水谷豊さんとは『あんちゃん』(1982年)、『事件記者チャボ!』(1983年)等で共演し、その際に仲を深めたとみられています。当時既婚者だった水谷豊さんですが、その頃からすでに熱愛が噂されていたようです。

水谷は翌年の「事件記者チャボ」(同)で相手役に伊藤を指名。共演タレントが「スタジオで(撮影の合間に)手を握り合ったり、一緒に帰るのも多かったり」と証言するなど熱愛の噂が……。伊藤の母は「本人は今、仕事に熱中していますからねえ。結婚だけが人生じゃありませんから」とかわし、所属事務所は「恋人同士なんてことはありません」と否定したが、プライベートでも2人のデート現場が目撃されるように。

1986年にミッキー・マッケンジーさんとの離婚成立後に、二人は交際を認め、幾度か破局危機もあったようですが、1989年1月に結婚。ハワイでの結婚式後には会見を開いています。

水谷は「ボクはあんまり冷静じゃなくって、彼女のウエディング姿もよく見られなかった」とテレ笑い。伊藤も「私も緊張しました。リハーサルなしで、いきなり本番ですから」と会場の笑いを誘った。プロポーズは88年11月のこと。食事帰りの車の中で「一緒に住まないか」という水谷に、伊藤は「式の時には1回目の時(ミッキーとの式)と同じ服は着ないでください」と返事をしたという。

ふむふむ、、、ん?二股じゃないか?不倫??一応ちゃんとマッケンジーさんの方がちゃんと片付いてから伊藤さんと交際はされているようですね。しかし、水谷さんはめっちゃモテるんですね。

昭和の俳優さんって女性関係に大雑把というかモテる俳優さんは豪快なお付き合いをされてる方が多いなぁと言うイメージです。
これからも相棒シリーズ楽しみに水谷豊さんを応援しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA