秋山ゆずきが事務所を辞めた理由は?インスタグラムやツイッターで「お芝居」へのこだわりをアピール

「カメラを止めるな!」でヒロイン役を演じた秋山ゆずきさん。

秋山ゆずきさんですが実はアイドルとしても活躍しています。

今回はそんな秋山ゆずきさんの「事務所辞めた理由」について迫っていきます。

 

秋山ゆずきさんとは

秋山ゆずきさんは「ゆずゆず」の愛称でも知られ、2008年中学生の時にジュニアアイドル”橋本柚稀”名義でアイドル活動を始めました。

秋山 ゆずき(あきやま ゆずき)

旧芸名: 橋本柚稀(はしもとゆずき)

生年月日: 1993年4月14日

年齢: 25歳 (2018年7月現在)

出身: 埼玉県

事務所: アソビシステム

趣味: 映画鑑賞

特技: クラシックバレエ、水泳

この時に3本出しています。

そして2010年頃から舞台女優として活動開始し、映画デビューしたのは翌年2011年。

2011年から2018年までの間に計4本の映画に出演しています。

その間2012年に、芸名を現在の「秋山ゆずき」に変更

このときもグラビアアイドルとしての活動が中心だったようで、秋山ゆずきとしても「ゆずゆず」というDVDを発売。

2014年7月に、アクトアイドル「アリスインアリス(二期)」に加入

この後1年ほど活動し「アリスインアリス」を卒業することになります。

2013年から2018年の現在までは主に舞台女優として活動し出演ペースは1ヵ月から2ヶ月に1舞台とハイペースで活躍の場を広げていっています。

秋山ゆずきが事務所を辞めた理由とは

秋山ゆずきさんは2016年3月に所属する事務所「フィットワン」を辞めてその後はフリーで芸能活動をしています。

芸能人がよく事務所を移籍すると言う話は聞きますが、秋山ゆずきさんの場合は完全に「辞めた」状態。

何か事情がありそうですね。詳しく調べてみました。

事務所を辞めた理由について秋山ゆずきさん自身が語っている場面と言うのはありませんでした。

推測するに、2013年あたりから舞台を中心に女優に力を入れて活動していた秋山ゆずきさん

ですが所属事務所フィットワンには「吉木りさ」さんや「杉原杏璃」さんや「壇蜜」さんといった「グラビア」などのセクシー路線の先輩がたくさん所属しています

ということから事務所自体もグラビア系に力を入れていることが伺えます。

この辺が舞台などの女優活動に力を入れたい秋山ゆずきさんの思いとぶつかった可能性が考えられます。

事実として、「フィットワン」を辞めた直後2016年5月からは、劇団「ベニバラ兎団」に所属

グラビア系よりも舞台女優の方を選んだことは間違いなさそうです。

その後も2018年現在は「ベニバラ兎団」も辞めて「アソビシステム」に所属。

アソビシステム株式会社とはイベント会社でもあり、メディア運営会社でもあり、さらに芸能/モデル事務所でもあります!ちなみにあのきゃりーぱみゅぱみゅさんや三戸なつめさんが所属しています。

この会社は音楽やファッションを原宿風に発信していくのが主な活動内容と言うことなので、まさか女優を縮小かと思った矢先に

スポンサードリンク

2018年6月より、アソビシステムに所属。こちらではライブ配信を通して”毎日会える”アイドルEVERYDAYSとして7月7日に横浜の赤レンガパークで開催された「アイドル横丁夏祭り~2018~」でデビュー

ムムム、結局アイドル活動か!?と思いますが、実はこれには訳があり、

2018年春に、アソビシステムは大々的なオーディションを行い、次世代のカルチャーを担う才能を持つ人を集めています

集まった人材の中から、新企画として「EVERYDAYS」が立ち上がり、もともとアイドル活動していた秋山ゆずきさんに白羽の矢が立った…と言う大人の事情が伺えます。

ライブ配信を通してと言う+ αの設定をしても毎日会えるアイドルと言うのは既にAKBがそのポジションを確立してるような気がしますのでどうしても二番煎じの感は拭えませんよね。

ツイッターやインスタグラムでも女優としての誇りが・・・

秋山ゆずきさんは公式ツイッターやインスタグラムでも「お芝居しています」と自己紹介の冒頭に書いています。

わざわざ「お芝居しています」と表現するあたり、女優としての力の入れ具合、意気込み、プライドが伺えますよね。

そんな秋山ゆずきさんの舞台経歴は

初舞台は、2010年8月、劇団空感エンジン「奴ら 〜海よ、オレの母よ〜

初舞台にもかかわらず、ヒロイン役で抜擢。

2010年には、劇団空感エンジンの舞台4本、2013年には、アリスインプロジェクトなどでの舞台6本、2014年は10本、2015&2016年は7本、2017年は6と、アリスインプロジェクトやベニバラ兎団を中心としてたくさんの舞台に出演

上にも書いたようにハイペースで出演していたようですね。メキメキ実力もつけていたことでしょう。

「カメラを止めるな!」が大ヒットの秋山ゆずき

秋山ゆずきさんの映画出演歴は

映画デビューとなった短編映画「恋する小説家(2011)」は、上田慎一郎監督の作品

さらに2015年に短編映画「ナポリタン」にも出演。こちらも上田慎一郎監督作品でした。

その後、2018年に一般上映され大ヒット映画となった「カメラを止めるな!」に出演

こちらもなんと上田慎一郎監督作品。

きっと上田監督に実力を認められて抜擢されているんですね。

この「カメラを止めるな!」ですが、制作費300万円という低予算で、今では興行収入5千万円超え!という大ヒット

その映画でヒロイン役として出演されています。

 

その他、映画「お姉妹(2012)」「白兵奇襲隊コンバットキャッツ(2017)」にも出演

舞台に映画にどんどん出演していますので、女優としての力もどんどんどんどん上がっている事でしょう。

2018年にはバラエティー番組に出演などもされていますので、「カメラを止めるな!」を機にブレイクするかもしれません。

秋山ゆずきさんに注目ですね!