樹木希林のガンの状況は?全身ガンだらけでピンピンしているのは治療法や病院だけじゃなかった!

女優の樹木希林さんが自宅で骨折し一時危篤状態となると言うニュースが流れました。

現在は全治6週間の診断で入院中でリハビリを続けているそうです。

もう何年も全身にガンがある状態でピンピンしている樹木希林さん。

そんな樹木希林さんのガンなのに元気の秘密に今回は迫っていきたいと思います。

樹木希林のガンの状況

樹木希林さんは、2004年に乳がん宣告されてから2008年には腸や、副腎、脊髄に転移し、がん宣告から9年後の2013年頃には全身ガンと宣告されてなお、ピンピン、元気に仕事もこなしている樹木希林さん。

生活自体も健康な頃と特に何も変わらないそうです。

樹木希林さんのガンの経緯

樹木希林さんは乳がんを自分で見つけたそうです。

20046月に自分で触診して、乳がんだろうなあと直感する。すぐには病院に行かないで9月になってやっと病院で検査を受ける。乳がんと宣告される。仕事の都合で翌年の1月になって乳房の全摘手術を受ける。

スポンサードリンク

乳がんと直感してから手術までの間自分なりにいろいろ調べたりしてどうガンと向き合っていくか、必死に考えたと思われます。

多くの人が行う、手術という選択を取る。片方の乳房を全摘手術するという選択をした。術後、女性ホルモンを飲むように言われるが拒否、医者や家族からヤイヤイ言われて、やっと少しだけ飲むことにする。

少しだけ、1か月飲んで身体の調子を慎重にみていると、これは飲んではいけないものと、身体が訴えていることを直感する。樹木さんの偉い所は、ここで女性ホルモンをきっぱりと、断ち切っている

その後、2008年には、腸、副腎、脊椎に転移が見つかる。やがて全身癌と宣告される。この時点において、樹木さんの取った行動が現在の、生活の質を低下させないで、仕事をしながら元気に生活できる状態を作り上げた原点となっていると想像する。

まず1つのターニングポイントとして、自分の体を信じて女性ホルモンを断ち切ったのが大きな理由の1つになったようですね。

樹木希林の治療法や治療方針

樹木希林さんは抗がん剤治療や手術等は一切受けないことを決めたそうです。

樹木希林が通院する鹿児島や佐賀の病院はガン治療に精通していた

樹木希林さんの担当医は植松稔先生と言い「抗癌剤治療のウソ」を描いた先生です。

九州の病院USAオンコロジーセンターで四次元ピンポイント放射線治療を受ける。

樹木希林さんは公演で放射線治療も頻繁ではなく、年単位でしか行なっていないことを話しています。

1年半たったから久しぶりに九州へ行って、放射線治療を受けてこようと思っている。」と言っている。この言動から、放射線といっても、頻繁に受けている訳ではなく、かなり年数を置いて受けているのではないかと思われる。

四次元ピンポイント放射線治療は治療費として1回あたり300万円ほどかかるそうです

「樹木さんの闘病が奇跡的にうまくいっているのは、ガン医療業界では有名です。鹿児島の先進医療に長けた保険適用外の治療クリニックで、日本に数台しかない『四次元ピンポイント照射』ができる放射線の機械で、数年に一度、全身に転移している箇所すべてのガンを殺しているそうです」(ガン医療関係者)

しかも病巣が放射線を当てにくい場所であったり隣接臓器との兼ね合いで放射線前治療ができない箇所であったりすると治療ができない場合もあるそうです。

ガンも治せる時代と言われていますが、先進医療はどんどん進んでいますね。その代わり治療費が膨大です。

樹木希林がピンピンしている理由

ここまで書いてきたことから、樹木希林さんがピンピンしている理由は以下のことが考えられるそうです。

抗癌剤治療は絶対に受けない、女性ホルモンは少し飲んですぐ辞めている、放射線治療のみ、少ない回数で続けている。ここに樹木希林さんの生活の質を落とさずに元気で仕事もできる鍵がある

 

樹木希林さんは朝日新聞のシンポジウムでセカンドオピニオンを受けた先の病院で先生に言われた言葉が衝撃的だったと言う話をしていました。

がんっていうのは、最初は死ぬ病気なんだと思っていたんですね。ところが、だんだん、こういう先生方がいろんなことをおっしゃるから、ひょっとして死なないのかなというふうに思っていたんですけれども、ある日、別のお医者さんがセカンドオピニオンとかっていうのをやった方がいいって言うんで行ったら、その医者が何とこう言ったんですね、「ああ、これは治るかもしれないな」。(笑)

樹木 「ええっ」て思いましたね。「治るんだ」と思っている人間に「治るかもしれないな」っていうことは、本当は治らないのかなって。これが1番ゾッとしましたね。

何気ない会話ですが、視野を広げて違う意見を聞く、セカンドピニオンの大事さを物語るエピソードですよね。

余談ですけど、この間、和田アキ子さんに会いましたら、「いや、希林ちゃん、やせたな」って言うから、「だって、がんだもの」と言ったら、「何で?」って。「がんは、特に乳がんなんて、やせなきゃいけないんだよ。だから、私は10キロやせたんだよ。努力してやせたんだよ」って言ったら、「何でですか。切ったんでしょう?」って。「切りましたよ」。「ほな、治ったんじゃないんですか」って。アッコさんもがんでどっか切っているんですよね。ああ、こういう大ざっぱな人は生きられるんだなと思いました。(笑)

樹木希林さんはいい意味で楽観的で、前向き塞ぎ込まない性格のようですよね。

健康的な食生活や適度な運動、人らしく笑うといったような非科学的とも言える行動をしている人の方が比較的治療がうまくいく傾向があるようです。

実際当サイト編集長の母も末期癌から見事生還し現在20年以上元気に暮らしています。

闘病生活中入院してる病院だけでもカラオケを歌ったりお笑い番組を見て大笑いしたり人間らしく生活していたのが良かったと母の実体験で話していました。

樹木希林から生きづらさを抱える若者にメッセージ

withnewsというサイトの編集部が先日樹木希林さんにインタビューをしたそうです。

役者の樹木希林さん(75)に、「生きづらさを抱える人たちに向けてメッセージを頂けませんか」とお願いをしました。今でこそ数々の賞をとる大女優ですが、過去のインタビューでは、幼少期は無口だったことや、役者になってからも「全然、必要とされない役者」だったと告白しています。その上で、「必要のない人間なんていない」と呼び掛ける樹木さん。がんで闘病しながら、いのちに向き合っている樹木さんから、編集部に届いたファクスは、どきっとする言葉がつづられていました。

昔からの本を読むと およそ 同じことを言っている
自殺した魂は 生きていた時の 苦しみどころじゃ ないそうだ
本当かどうかは わからないけど
信用している

私は弱い人間だから
自分で命を絶つことだけは
やめようと 生きてきた
こんな姿になったって
おもしろいじゃない

KIKI KILIN 75才

全身をガンにに犯されてもなお明るく楽しく精一杯自分の人生を生きている樹木希林さんだからこそ言える言葉であり重みのある言葉です。

まだ70代と若いのでまだまだ元気に芸能活動を続けてほしいと思います。