村田修一はなぜ戦力外?なぜ決まらない移籍先?【まとめ】

2018年の9月にBCリーグ栃木で現役引退をした村田修一選手。

愛称:男・村田

生年月日:1980年12月28日

出身:福岡県糟屋郡篠栗町

身長 体重:177cm 92kg

投球・打席:右投右打

ポジション:三塁手、一塁手、二塁手

色々なダークなウワサも流れていますが、実はいい人とも言われています。

男・村田」とも言われている、村田選手になにがあったのでしょうか。

今回はそんな村田修一選手についての真相を、まとめてみました。

村田修一はなぜ戦力外になった?

村田選手は巨人納会にフル出場だったのですが、なぜ戦力外になってしまったのでしょうか。

村田選手の2017年までの成績は、けして悪いものではありませんでした。

ですが、2017年の10月に巨人側から「戦力外通告」を言い渡されてしまいました。

いきなりの戦力外通告に対して村田選手自身は

「正直、予想はしていなかったです。」

とコメントしていました。

まだまだ現役選手としてやっていける村田選手がなぜいきなりの戦力外通告を言い渡されてしまったのでしょうか。

巨人側は、その理由として

「球団としては若手を育成するから、来年は村田君の出番も減るし、契約はできない」

「FA移籍では補償が発生する。自由契約の方が選択肢が広がる。これだけ貢献してくれた選手に対するせめてもの誠意」

と言い伝えたそうです。

いきなりそんな言い方をされたら、自分的に納得が出来ませんよね。

この事に戦力外通告について野球ファンの方からは

「巨人ファンとして、まだまだ村田選手にはいて欲しかった。

引退まで、巨人の選手として応援したかった。

他のチームに行くことになってしまったけど、最期まで応援します。」

「村田選手、今年もコンスタントに試合に出ていれば、もっと活躍できたはず。

巨人ファンとしては、村田選手に残ってもらいたかった。

熱い魂を持った男こそ、低迷するチームに必要なのに。

精神的な柱を失ったチームに明日はあるのだろうか、、、」

このようなコメントが多く見られました。

村田選手が球団からいなくなる事について、悲しむ声が多くみられました。

ですが実際の巨人は来期にも「阿部慎之助」「マギー」「坂本勇人」「陽岱鋼」「長野久義」のベテラン選手が残ることになりますので、チームの若返りとしてはどうなのでしょうか。

しかし、実際に巨人は昨年2017年はリーグ4位の成績となり、CS進出を11年ぶりに逃してしまいました。

そのこともあり、チームの若返りに力を入れようと思ったのでしょう。

チームの若返り作戦の第一号が村田選手となってしまったんですね。

村田修一、なぜ決まらない移籍先

チームの若返りの為に戦力外通告を受け、自由契約となってしまった村田選手。

ベテラン村田選手はなぜ、なかなか移籍先が決まらなかったのでしょうか。

一つは、37歳というプロ野球選手からしては微妙な年齢です。

村田選手はまだまだ、現役プロ野球選手としてやっていける力を持っていますが、新しく球団に入れるには年齢が少し上回っているようでした。

37歳の微妙な年齢の選手を新しく迎えいれるのであれば、若手選手を入れて育てようと思っている球団が多いのが現実です。

そして、村田選手はかなり年棒が高いと言われています。

どの球団も年棒が高いのでなかなか手が出せないのが現実だったようです。

ですが、村田選手は実際に

「年棒は安くてもいい」

「レギュラーじゃなくてもいい」

「欲しいといってくれるところがあれば、また野球がしたい。現役にこだわっていきたい。」

とコメントしています。

自分のプライドを捨ててでも、野球をやりたい!と村田選手は思っていたんですね。

そして調べていくとダークなウワサが、村田選手にはつきまとっていました。

スポンサードリンク

村田選手は「やんちゃ」「オラオラ系」「素行が悪い」とのウワサがチラホラと目にとまりました。

まず、横浜ベイスターズに在籍していた時代がとても素行が悪かったようで、髪の毛の色がとても派手で当時の原監督に注意をされていたそうです。

そして試合中にベンチで居眠りをしていたり、試合中に監督室に行ってテレビを見て居たりしていたみたいです。

また、村田選手は球団の中で「一匹オオカミ」で他の選手と戯れることもなかったようです。

そして、試合中にも関わらず金のネックレスをしていたりとイメージは「悪」なようでした。

そんな素行が悪いと言われている村田選手ですが、実はとても愛妻家なようで2004年に一般人の女性と結婚しています。

奥様の名前は絵美さん。

村田選手の一目惚れのようで猛アタックして、交際し結婚に至ったそうです。

そして村田選手は、交際したときから「絵美の為に頑張る!」といきごんでいたようです。

そして結婚した後も、

「今でも絵美のこと好きだし、これからも一緒に幸せな家庭を過ごしたいって思いますね。

絵美がいるから、オレも変わることができたって感じです。

絵美と出会うことが出来なかったら、今のオレはないですから。

絵美に出会えたことに感謝してますよ。」

と語っていたそうです。

そして、そんな愛してやまない絵美さんとの間に2人のお子さまもいますが長男の閏哉くんは「動脈管開存症」という病気を発症し、命に関わる大手術を経験したそうです。

そんな閏哉くんを見て、

「手術が成功した時ときは、涙が出るほど嬉しかった。」

「野球で打てなかったりしたときは、閏哉の頑張りに比べれば大したことない。」

と毎回、思っているそうです。

奥さま思いの、とても良いお父さんです。

昔は素行が悪かったのかもしれませんが、愛する奥さまと息子さんの為に頑張っていたようですね。

村田修一はなぜベンチ?

村田選手のベンチでの態度については、先ほど少し書きました。

上↑で書いた、素行が悪かった時代に「ベンチで居眠り」をしている村田選手が有名です。

しかも一度ではなく、何度か写真などでスクープされています。

また、ズームイン・サタデーのプロ野球熱ケツ情報のコーナー番組に出演した際にベンチが暇だ!と叫んだようです。

MCは野球評論家の宮本和知さん。

熊本での収録ということで、ご当地クイズを問題に出された村田選手。

熊本城を築城した戦国大名を問われ「加藤清正」と即答しました。

その即答ぶりを見た宮本さんから「格好いいですね!」と褒められると

「暇すぎて。勉強できるんで」

「暇すぎて!まじで暇すぎるんですよ!」

とベンチの方に向かって叫びながら訴えたそうです。

そのコメントについて、宮本さんはかなり焦った様子でしたね。

村田選手の発言に対して、野球ファンの方は

「契約最終年しかも外様という立場だったのに」

「俺は本来スタメンで使われるべきだと思っているから」

「村田はマスコミにサービス良いみたいだから、テレビ用にネタ言ったつもりだったんやろ」

このようなコメントが多く、あまり良くは思われていないようでしたね。

ベンチが多くて、ついつい愚痴を吐きたくなってしまったのでしょうか。

このようなイメージが強くて、実績や優れた能力はあるのにも関わらずどこの球団からも声がかからなかった可能性も確かに認めざるおえないかもしれません。

ですが、村田選手は自由契約になってから一年待って他の球団から声がかからなかったら引退すると宣言してから、本当に一年待った後にスッパリ引退しました。

そのスッパリ具合がとても男らしく、素敵だなぁと感じましたね。

それこそ「男・村田」の愛称がぴったりと感じた方も多くいたのではないでしょうか。

今後もどこかで村田選手の活躍が見れる事を祈っています。