西川貴教の筋肉はいつからついた?むしろ太ったように見えてしまう【画像】

真冬に薄着で一斉を風靡した(してないわ)T.M.Revolutionこと、西川貴教さん。

この頃とは違い、今はかなりマッチョで大きくなってしまいました。

当時のコレ、着られなくなったらしいですよね。

そんな西川貴教さんの筋肉について今回は迫っていきたいと思います。

秘書(あかね)
露出と風が好きな方ですよね

西川貴教さんに「なぜそこまで体を鍛え続けるのか?」と質問したところ

自分ができることは、お客様に声を届けることしか能力がないので、本当に誠意と真心と思いやりだけで生きているので、僕が出来ることって、それしかないかなって…。」

とダウンタウンDXの中で答えていました。

プロ意識の高さが伺えますよね。まさに男の中の男といった感じでしょうか。

スポンサードリンク

 

西川貴教はいつからムキムキに?〜筋肉遍歴〜

ところで西川貴教さんはなぜトレーニングを始めたのでしょうか?

理由は意外と単純で「ライブでスタミナを消費してしまうから」だそうです。

若い頃は問題なかったが、歳を重ねるごとに体力が続かなくなってきたそうです。

西川貴教さんのライブはかなり運動量が多いです。確かに普通の40代のおじさんにはきついかも。

スタミナがなさ過ぎて失神してしまうこともあった

ライブで十分にパフォーマンスを発揮するためにスタミナ強化を始めた

それが筋トレを始めた理由だったようです。

筋トレ自体はデビュー当初から行っていましたが、本格的に肉体改造を始めたのは2000年頃です。

◆西川貴教の筋トレメニューがヤバイ

以前当ブログでプロレスラーの棚橋弘至さんの筋トレメニューをご紹介しました。

西川貴教さんもそれに負けず劣らずハードなメニューをこなしているようです。

ランニング/約30分
腕立て伏せ/10回×10セット
腹筋/100回連続
レッグアダクション/20回×4セット
レッグアブダクション/20回×4セット
背筋/10回×10セット
壁倒立/10回×5セット
ラットプルダウン 50kg~80kg/60回
懸垂/10回×5セット
腕立て伏せジャンプ/10回×5セット
ベクトラルフライ 45kg/8回×5セット
ベンチプレス 35kg~75kg/10回×6セット
トライセプス/10回×4セット
自転車でのインターバル/10秒×5セット

このメニューを2時間足らずでやってしまうとのこと。

あまり重いものを上げずに、回数を重視しているのだとか。しなやかな持久力をつけるためにやっているんですね!

ちなみに体脂肪率は9%とのこと。40代の平均体脂肪率は20%前後ですからこのすごさがお分かりになるのではないでしょうか?

そして西川貴教さんは3つのジムに通っているそうなのです。

メインとなるジムの他に、「メンテナンスと体幹を鍛える」ためのジム、「汗をかく」ためのジム

秘書(あかね)
汗をかくためのジムってすごい
営業のにーちゃん
お金の使いどころが半端じゃないですね

ライブが土日にある場合は、土曜日はランニングをしてからライブ、日曜日は筋トレをしてからライブ、そして月曜日は品川駅からジムへ通うという、実に徹底した自己管理!

完璧主義者ですね。Gacktさんもそうですけどアーティストで突き抜ける人ってみんな自分に厳しいんでしょうか?

その辺りは自著の中で心身の鍛錬について説いています。

T.M.Revolutionの西川貴教が『おしゃべりな筋肉 心のワークアウト7メソッド』を12日に発売する。同書では、デビュー以来20年以上にわたるキャリアの中でに積み重ねてきたメンタルの鍛錬の重要性を説くとともに、自身の隆々たる筋肉美も披露している。

興味があればぜひ読んで見てはいかがでしょうか?

むしろ太ったようにすら見えてしまう

かなりガッチリした体つきになった西川貴教さんですが、実はトレーニングのしすぎで太ったんではないか?とも噂されているほど。

西川貴教さんの筋肉画像を見て最初に驚かされるのが、見事に割れた「腹筋」と中性的な顔立ちからは想像もできない「上腕部」の発達ぶりです。

体脂肪率9%ともなれば、腹筋が浮かび上がって、割れ目がくっきりと見えてくるのは確かです。

しかし西川貴教さんの腹筋は「ただ割れているだけでなく、ある程度の厚みがある」という点で、ただの痩せガリの男性とは一線を画しています

西川貴教さんは太ったのではなく、筋肉トレーニングよって体の厚みが増したせいで太ったように見えてしまうようです。

身体に厚みがありますのでタイトなスーツなどを着るとどうしても着膨れして見えてしまいます。

決して太ったわけではないということはお分りいただけたかと思います。

 

西川貴教の大胸筋にはペンが挟まるらしい

今ではムキムキの西川貴教さん。

あまりに大胸筋を鍛えすぎて今ではペンが挟まるのだとか。

いかがでしょうか?コレがジムでのトレーニングを15年以上も継続した肉体美笑

コレを見た女性ゲストも思わず

秘書(あかね)
そりゃこんな顔になりますよね笑

西川貴教「筋肉少女帯」とは?

こちらは西川貴教さんが新しくバンドを作ったりしたわけではなく、大槻ケンジさんの「筋肉少女帯」というバンドがすでに存在します。

筋肉少女帯は、1980年代後半から1990年代後半にかけて活躍し、2006年に活動を本格再開した日本のロックバンド。通称は「筋少」で、アルファベットでは「King-Show」と記す。

西川貴教さんとどのような関係があるのかというと、実は「西川貴教のオールナイトニッポン」で「踊るダメ人間日記」というコーナーの冒頭でこの筋肉少女帯の「踊るダメ人間」が流れます。

自分のダメな日常を日記風に送って貰い、紹介するコーナー。『Music Revolution』第1回から始まり、allnightnippon SUPER!終了とともにコーナーも終了したが、暗黒期に1度「蝶!踊るダメ人間日記」として復活し、さらに石川が戻った2005年3月21日に復活。冒頭に流れる曲は筋肉少女帯の『踊るダメ人間』。この番組を象徴するコーナーであり、2006年のANN復活放送時には何も募集がなくとも送ってくるように告知されていた。オールナイトニッポン時から数えて4度目の復活となる

筋肉でかかっているんでしょうね。

西川貴教さん自身がこの曲が好きなのかは謎です。

 

西川貴教が筋肉番付に???

コレはあの有名は「筋肉番付」に出演したわけではなく、フジテレビの「魁!音楽番付」という番組に出演したようです。

その中で「魁!筋肉番付」というコーナーに登場。

筋肉自慢たちが集まって何やら競ったみたいですね!春日さんがいないようですが笑

当の西川貴教さん本人はこんなボケをされています。

関西人だけあってお笑いも得意で松本人志さんとの掛け合いも面白いですもんね。

西川貴教の筋肉まとめ

・筋肉をつけた理由は「スタミナがなさ過ぎて失神してしまうこともあった」ことによるプロ意識から
・トレーニングは2000年頃から開始
・身体に厚みが出たせいで太ったように見えてしまう
・大胸筋にはペンが挟まります
・ラジオでは筋肉少女帯をかける
・筋肉番付という番組のコーナーに出演した

いかがでしたでしょうか?

40代とは思えないほど若々しい西川貴教さん。コレからの活躍にも期待ですね!