奥村チヨの現在の旦那は?顔がシワシワで・・・【画像】

2018年いっぱいで引退を表明した奥村チヨさん。

現在は何してるかってご存知でしたか?
そして奥村チヨさんは夫婦仲がとても良いんです。
その夫婦円満の秘訣を含め奥村チヨさんの現在と旦那についてまとめましたのでご覧ください。

奥村チヨの現在は?

奥村チヨさんは「終着駅」という曲で一世風靡しそれを歌手として第一線でリバイバルブームに乗り、旧作及び新作のリリースやインストアライブなどで息長く活動されていました。

なのですが2018年1月6日に2018年いっぱいで芸能活動を引退することを発表することとなりました。

1965年に東芝から『あなたがいなくても/私を愛して』でデビューをしてからおよそ半世紀一線で活躍し続けた奥村チヨさんはすばらしいですね。

奥村チヨの現在の旦那は谷啓介?

奥村チヨさんは1974年に浜圭介さんと結婚されています。

出生名 金野 孝
生誕 1946年4月6日(72歳)
出身地 満州国
職業 作曲家

浜圭介さんは奥村チヨさんの「恋3部作」からの路線転換のきっかけとなる1971年のヒット曲『終着駅』の作曲家です。

浜圭介さんは1946年旧満州(中国)生まれ。

スポンサードリンク

1964年に歌手デビューを果たしましたが、ヒット曲に恵まれず、68年から浜圭介のペンネームで作曲家として楽曲提供を始めます。

しかし、作曲家としてもヒット曲を出すことができずにいたようです。

そんな中、気分転換に訪れたアメリカのホテルの窓ガラスから見える、物悲しい夜景にインスピレーションを得て書き上げたのが『終着駅』だったといいます。

この『終着駅』は、それまでのコケティッシュ路線に限界を感じていた奥村チヨさんと、ヒット曲が出せずに行き詰まっていた浜圭介さんにとって、起死回生とも言える大傑作だったようです。

この2人の人生を変えた「終着駅」と言う曲が2人にとってある意味始発駅になったわけですが笑
この曲で出会った運命的な二人はそのまま結婚することとなりました。

奥村チヨと谷啓介の馴れ初めは?

40年以上も連れ添い夫婦円満な奥村チヨさんと谷啓介さんですが出会ってビビットきて結婚したわけでは無いようです。

この辺のエピソードは2017年1月18日放送の「徹子の部屋」に夫婦揃って出演したときに谷啓介さんの口から明かされています。

きっかけは『終着駅』がヒットしたことで、奥村チヨさんの母親が大喜びして、浜圭介さんを自宅に食事へ誘ったことだったそうです。

浜圭介さんは、訪れる前に屋台でしたたか飲んでいたため、奥村チヨさんの家のソファで横になったのだそうです。

すると、奥村チヨさんが浜圭介さんの額に冷たいおしぼりをポンとのせたのだとか。

浜圭介さんは当時、結婚願望はなく、そのまま独身でいく心づもりだったそうですが、奥村チヨさんのこの行動でスイッチが入ったらしく、その後、2人は交際、結婚へと至ったということみたいですね。

このエピソードを聞くとほんとたまたまが重なって結婚に至っていて人の運命と言うのはわからないものだなと思わされますね。
終着駅がヒットしたのは作り手の谷啓介さんの実力と歌い手の奥村チヨさんの実力としても、たまたまお母さんが大喜びして食事に誘った。

たまたま谷啓介さんが事前に飲んでたためにソファーで横になった。
たまたまその額におしぼりをポンと乗せたのが響いた。

人生うまくいくときは転がるようにうまくいくとは言いますがまさにちょっとずつの相手への気遣いが結婚に結びついた感じですね。

結婚後は奥村チヨさんは歌手の活動休止し専業主婦になられています。
その後1980年に「せめてさよならは…」で歌手活動再開。

旦那の浜圭介さんは作曲家としてその後の活躍。紫綬褒章を2005年に受賞されました。

浜圭介さんは作曲家として、以後も北原ミレイさんの『石狩挽歌』、八代亜紀さんの『雨の慕情』、桂銀淑さんの『大阪暮色』など数々の傑作を世に送り出し、2005年には多年に渡る功績が認められて紫綬褒章を受章しています。

お二人とも音楽関係で一線で活躍し続ける素晴らしい夫婦ですね。

お子様はいらっしゃらないようですがその代わりに今でも週一回のデートは続けていていつまでも恋人同士のように円満のようです。

奥村チヨの現在の顔がシワシワ

奥村チヨさんの現在を検索すると失礼ながら「顔がシワシワ」というワードがヒットします。

こちらは若い頃の奥村チヨさん。
現在と比べれば写真の鮮明度などは比べ物になりませんが肌はピチピチのようですね。

2015年に「徹子の部屋」に出演された時はこんな感じ。
この時でなんと69歳
写真写りやメイクもあるでしょうが年齢よりは若く見えますよね。

一般の69歳は失礼ですがもっと肉がたるんでいるというかもうちょっとだらしのない感じになっていてもおかしくはありません。

こちらは2017年に夫婦で徹子の部屋に出演された際の画像

スタジオで光を当てられているとは言え70歳にはとても見えません

確かに写真写りによっては目尻のシワなどは目立ちますが70歳でこの美を保っているのであれば御の字でしょう。

奥村チヨのプロフィール

奥村チヨさんは本名ではありませんでした。

本名:金野 智代
生年月日:1947年2月18日
出身地:大阪府池田市
職業:歌手
ジャンル:歌謡曲
活動期間:1965年~2018年

千葉県で生まれて大阪で3歳の時から暮らしていました。

歌謡歌手なので最近のJ-Popを聞いている人にはなじみは無いかもしれませんが、かつては「チヨフィーバー」と呼ばれるブームを起こすほど人気でした。

デビューしたのは奥村チヨさんが高校生の時。

知人が応募したオーディションに合格し、1回限りで小野薬品のドリンク剤「リキ・ホルモ」のCMソング「昨日、今日、明日」を歌い好評を得て、卒業後の1965年に東芝レコードから「あなたがいなくても / 私を愛して」でデビューする。

もともと服飾デザイナーを目指していて歌手になるつもりは全くなかったようです。
しかしこのたった1回のオーディションで歌の才能が目覚めます。

1969年 – 1970年に発表して51万枚を販売した「恋の奴隷」を初めに「恋狂い」と「恋泥棒」の「恋3部作」が広く高評を得て、人気歌手の地位を確立する

この「恋三部作」と呼ばれる作品で歌手としての地位を確固たるものとし紅白歌合戦にも出場。
その後は冒頭に述べたような人生を歩まれています。

2018年で結婚44年を迎えますが夫婦仲が覚めることなく円満で今後ベスト夫婦賞でも取りそうですよね!