となりのトトロのお父さんやおばあちゃんの声優は!tarakoも意外な役で!!

毎年夏頃になると金曜ロードショーで決まって放送される「となりのトトロ

1988年に作成されたとなりのトトロですが、なんと今では大物の声優さんがちょい役で出演されていたりします。

ということで今回はとなりのトトロの声優さんについてお伝えしていこうと思います。

となりのトトロは宮崎駿さん監督でスタジオジブリの代表作。

田舎へ引っ越してきた草壁一家のサツキ・メイ姉妹が、子どもの時にしか会えないと言われる不思議な生き物・トトロとの交流を描いていくストーリーです。

国民のほとんどの方が一度はみたことあるんじゃないんでしょうか?

ではでは声優さんをみていきましょう

となりのトトロ声優一覧

主なキャラクターと声優さんの一覧は以下の通りです。

<サツキ> 日高のり子

<メイ> 坂本千夏

スポンサードリンク

<とうさん> 糸井重里

<かあさん> 島本須美

<ばあちゃん> 北林谷栄

<トトロ> 高木均

<カンタの母> 丸山裕子

<先生> 鷲尾真知子

<本家のばあちゃん> 鈴木れい子

<カンタの父> 広瀬正志

<カンタ> 雨笠利幸

<草刈り男> 千葉繁

どうでしょうか?

ご存知の方はいますか?

ここからは主要キャラクターの声優さんを順番に詳しくご紹介していきます。

となりのトトロのお父さんの声優は?

ジブリのお父さんといえば、The棒読み

トトロのお父さんはちゃんと名前がついています。

その名も草壁タツオ

トトロのお父さん役はダウンタウンの番組などでもおなじみの糸井重里さん

草壁タツオ役の糸井重里は1948年11月10日生まれ、群馬県出身のコピーライターです。『となりのトトロ』のキャッチコピー「このへんな生きものは まだ日本にいるのです。たぶん。」も、糸井によるものです。 このほかにも、『火垂るの墓』、『魔女の宅急便』、『千と千尋の神隠し』などのジブリ作品のキャッチコピーを担当しています。

最初はプロの声優さんを雇う予定だったそうですが、糸井重里さんがイメージにぴったりだったそうで、宮崎駿さんが抜擢しました。

 

となりのトトロおばあちゃんの声優は?

サツキをからかうカンタを一喝する「カンター!!!」は誰でも一回はモノマネしたことがあるんじゃないでしょうか?

そんなカンタのおばあちゃんは名前がありません

北林谷栄は1911年5月21日生まれ、東京都出身の女優です。30代から既に数多くの老け役を演じており、「日本一のおばあちゃん女優」として知られ、その実力は『となりのトトロ』でも声優として発揮されました。 映画では、『黄泉がえり』や『阿弥陀堂だより』などに出演しています。元は女優ですので舞台や映画での活躍が主でしたが、『となりのトトロ』での声の出演で、幅広い世代でその存在を知られることになりました。 2010年4月27日に98歳で他界されました。

亡くなられているんですね。

ご冥福をお祈りします。

となりのトトロお母さんの声優は?

物語のキーマンでありながらあまり出番のないお母さんにもちゃんと名前があります。

名前は草壁ヤス子

草壁ヤス子役の島本須美は1954年12月8日生まれ、高知県出身の声優です。 『ルパン三世 カリオストロの城』でクラリス役に抜擢されたあと、ジブリ作品に出演する機会が増え、『風の谷のナウシカ』では主役のナウシカ役、『もののけ姫』ではトキ役を演じるなど、ジブリファンには馴染み深い声優です。

クラリス役もしていたんですね!

お母さんが入院するために田舎に引っ越しますし、お母さんにトウモロコシを届けたいからメイちゃんが迷子になります。

居ないと物語が成立しない超重要キャラクターですね。

となりのトトロメイの声優は?

となりのトトロでの主役級と言っても過言ではない「メイちゃん」

メイ役の坂本千夏は1959年8月17日生まれ、東京都出身の声優です。主に動物や子どもの声を担当しているプロの声優で、メイの特徴的な声が忘れられないという方も多いのではないでしょうか。 他のジブリ作品では、『風の谷のナウシカ』の少年役や、『魔女の宅急便』の赤ん坊役として出演していました。

物語はメイちゃんが1人でお母さんに会いにいこうとして道を間違えてしまうことから急展開を迎えますよね。

川からメイちゃんのものと思われるサンダルが見つかった時の姉さつきのセリフは印象に残っています。

「メイのじゃない!!」

秘書(あかね)
モノマネしましたよね

 

 

となりのトトロかんたの声優は?

「お前んち、お化け屋敷!」で一世を風靡した(してないわ)カンタ。

傘を貸してくれたり、電話を貸してくれたり、要所で男気をみせるツンデレ野郎です。

カンタ役の雨笠利幸は1976年生まれの子役俳優です。 『わが子よVI』や『思いっきり探偵団 覇悪怒組』にレギュラー出演しました。本作のほか『アボンリーへの道』のアンドルー・キング役なども務めています。

ストーカー的執念と長期に渡る計画的犯行で見事ヒロインをオトした彼の方とは大違いです。

となりのトトロに大谷育江さんが声優として出ていた

ワンピースのチョッパーや名探偵コナンのみつひこ、あとはピカチュウなどの声優である大谷育江さんも実はトトロに出演されています。

まだ駆け出しの頃の出演のため名前もない女の子役のためどのキャラクターか特定ができませんでした。

一部ではメイとサツキが授業受けた際に隣にいた子みっちゃんと言われていましたがこちらは別の声優さんが演じています。

残念ながらどの子が大谷さんか見つけられませんでした。

金曜ロードショーでトトロを見てぜひ大谷さんを見つけて下さいね!

 

となりのトトロにtarakoが声優で出演

となりのトトロには実は意外な人が出演して居ます。

お気づきでしょうか?

そうです。

TARAKO

TARAKOさんといえばあのキャラクター

ちびまる子ちゃんの主役まるちゃんですよね。

上に上げてきた主要キャラではないようです。果たしてどのキャラクターで出演されていたのでしょうか?

一つ目はこのシーン

メイちゃんが学校に来てしまい一緒に授業を受けて下校する時のこのシーン。

はたきを持っている彼女がTARAKOさんのようです。

さらにはこのシーンの右の彼女。

 

トトロに出演した時点ではまだちびまる子ちゃんの前。

TARAKOさんの貴重な声優出演作品でした。

 

いかがでしたでしょうか?

今では主役を張るレベルのビックネームの声優さんがチョイ役で出演されていたりするとなりのトトロ。

何度見ても面白いですよね!

気になったらいますぐツタヤに借りにいきましょうね!